三十路独女のドケチ&シンプルライフな日々

1ヶ月10万円程で慎ましく生活し、50歳までに3,000万円貯めるのが目標です
スポンサーリンク

指定期間 の記事一覧

ひとり○○の境界線

2012.11.11 (Sun)
最近は不況のせいか、普段は大勢で利用される娯楽施設や飲食店でも
おひとり様大歓迎!などのうたい文句を掲げる場所が増えてきました。
伴侶の居ない自分にとっては非常にありがたい傾向ですw

私が今まで経験したことのあるおススメ"ひとり○○"は・・

■ひとり旅(国内)
自分のペースで好きな場所を見て回れるのが醍醐味です。
現地の知らないおじさんに話しかけられて、色々案内してもらったり
面白い出会いもありました。

■ひとりカラオケ
平日の昼間、お客さんの少なそうな時間帯に来店しました。
受付票を見たら、同じ様に一人客が意外に多くて一安心^^
店員さんも日常茶飯時のように、普通の対応をしてくれました。
フリータイムで5時間、大勢の前では絶対歌えないような
マイナーなアニメソングなんかも熱唱できて、大満足な一日でした。

■ひとり牛丼・立ち食いそば
学生の頃から利用してました。学校から家までが1時間半くらいの
距離だったので、お腹が空くと立ち寄ってました。
サラリーマンのおじ様方に混じって、女子高生が
ホームでそばを啜る光景はどう映っていたのでしょうかw
現在も、女性の一人来店の割合は少ないみたいで寂しいです。


未経験だけど、機会があれば是非チャレンジしたい"ひとり○○"

■ひとりカウンターバー…オシャレなバーでまったりとお酒を楽しみたいです。
■ひとり旅(海外)…未だ海外すら行ったことないヘタレなもので
バックパッカーで世界を旅する女性の話を聞くと、本当憧れます^^
■ひとりラブホ…最近のラブホはシティホテル並みに綺麗。
それでいて、非日常的な空間も楽しめそう。
乗り込むなら、いっそ12月24日の夜にでも。
■ひとり遊園地…絶叫マシンを乗り尽くしたいです

昨日放送していた「マツコの知らない世界」にて、
何とカラオケ利用者の4組に1組がおひとり様客と紹介されていました。
市民権を得る日も近い!?


 | HOME | 
スポンサーリンク