三十路独女のドケチ&シンプルライフな日々

1ヶ月10万円程で慎ましく生活し、50歳までに3,000万円貯めるのが目標です
スポンサーリンク

指定期間 の記事一覧

水の都と養老の滝

2014.07.02 (Wed)
先日買った新しいウォーキングシューズを履いて、ちょっと遠出がしたくなったので
ぶらりと電車に乗り大垣あたりまで出かけて参りました^^

私の最寄り駅からはだいたい2時間弱程で、日帰りにはちょうど良い距離です。
湖西線に乗って琵琶湖沿い北上していくと、だんだん乗客が減り、
風景も牧歌的になりローカル色が強くなってきました。
米原駅にて乗り換え、終点の大垣駅までは30分程で到着〜。

駅改札の出口で ICOCAにタッチしようとしたら、
ゲードが閉まってしまいました^^;
どうやらここはJR東海の管轄らしく相互利用不可とのこと。不便ですな〜。

駅から出て、商店街の大通りを歩きながら
大垣城へ向かいます。
商店街はシャッターが閉まっているお店が多く、ちょっと閑散としていました
地方都市はこういう光景が良くみられますね。

0702_1.jpg

大垣城は、かつて関ヶ原の戦いでは、西軍の石田三成の本拠地だったそうです。
残念ながら、戦争で天守が消失してしまったため
現在は鉄筋構造で再建され、お城の中は博物館になっていました。

天守からの眺めはとても良く、天然のクーラーの風が吹いていて
はるか東の方向には伊吹山や南宮山が見えました。

0702_3.jpg

近くにあった記念館もついでに見物。
当時のお城のジオラマを見ると、さすが水の都というべく
水路が迷路のように張り巡らされていました。
ドラクエだったら、お城のボスまでたどり着くのが大変そうですw

0702_2.jpeg

後ろからの方が良いアングルとのアドバイスを頂いたので
反対側から撮ってみました。
一緒に映っている松の木は、当時からあるそうです。
(無惨にも上がぶった切られていました^^;)

川沿いをぶらぶら歩いたあと、再び駅に戻り
まだ時間があったので、養老鉄道に乗って養老の滝まで向かうことに。
この養老鉄道は『サイクルトレイン』としても有名で、
自転車を列車内に持ち込んで乗れることができます。
ちょっと遠出をして、愛車でサイクリングも気持ち良さそうですね。

0702_4.jpg

40分ほど揺られ、養老駅に到着しました〜。
駅舎とひょうたんの看板の作りがレトロでいい味出しております。

養老の滝へは駅からは徒歩40分とのこと、
帰りの電車の時間を気にしつつ、滝を目指して歩き出しました。
目的地に近づくにつれて、坂がだんだん急勾配になってきました。
私は普段から歩き慣れているから平気だったけれど、普通の人だったら
ちょっと大変かも…(一応リフトでも行けるみたいです)

0702_5.jpg

ようやく到着しました〜、間近で流れる滝の光景に癒されました。
心の中のドス黒い部分は少し洗い流されたかな(笑)

という訳で、日帰りぶらり旅を満喫できた1日でした。
家に帰ってみたら歩数は2万歩を超えていました、結構歩いたなー。

そうそう、今年の夏の18きっぷが発売されました^^
7月20日〜8月31日まで、全国のJRが乗り放題ですよー。
前哨戦では広島までの日帰り弾丸旅行を計画中です。
でも、予定している週は仕事が夜勤なんですよね・・まぁ、体力と相談です。

7月1日(火)の運動量 6,443歩

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 | HOME | 
スポンサーリンク